【ゴルフ すくい打ち と 改善策】

こんにちは、長島晃です。
今日2018/06/06 は、すくい打ちについて解説します。今日もたくさんのゴルファーの方が練習に来られています。半分くらいの方がすくい打ちのスイングをされています。今回の動画は3パターンのすくい打ちと、その改善策です。まずパターン1は、左手首のコックによるすくい打ちです。このパターンの場合は、フィニッシュ時に左肩が視界に入ると思いますので、フィニッシュの時に左肩が視界から消えるように左肩を回して下さい。かなり改善されると思いますよ。パターン2は、クラブフェイスのローテーションを嫌ったすくい打ちです。このパターンの場合は、動画のように水平振りをしながら、クラブフェイスをローテーションさせます。クラブが右側にある時は、左手の甲側が真上を向き、クラブが左側にある時は、右手の甲側が真上を向くスイングです。これも、かなり改善されると思います。パターン3は、特にシニアの方に多い、一番やっかいなすくい打ちです。バックスイングで左足体重になり、フィニッシュに向かって右足体重になる典型的なすくい打ちです。このパターンはなかなか改善するのは難しいですが、一つの方法として、ダウンスイングに入ったら、左足のひざをピーンと伸ばし、右足カカトを浮かせるような仕草で左足体重にすることが出来ます。このパターンの改善策としてはベターではないでしょうか。いずれにせよ、すくい打ちはボールにコンタクトするミート率があまり高くないのが現状です。ドライバーショットは良いかもしれませんが、セカンド以降のショットに影響してきますよね。すくい打ちだと診断されたら、やはりレクチャーを受けたほうが良いかもしれませんね(^^) #ゴルフ男子 #ゴルフ女子 #ゴルフ初心者 #ゴルフ #ゴルフスイング #ゴルフスイング動画 #golf #golfswing #golfmovie