ゴールドワン ゴルフスクール
http://www.goldonegolfschool.com.au/blog/

いやー実に多いですね!手で打ちに行くスイング。通称 手打ち

日本からレッスンに来る方の100%が手打ちと言いたいところですが、HCP4以下になるとやはりボディーターンでスイングしますね!やっぱり強いスイングをする方は体幹の捻転捻り戻しでスイングします。

手打ちを矯正するには体の回転で振っていくところを決める(円軌道の最終地点)。その途中にたまたまボールがあって拾っていったという感覚が必要です。胴体だけの回転でもダメだし、腕振りだけでもダメ!体の回転と腕振りがリンクすることが大切なんです。

動画に見られるように、効率的な腕振り(体の回転にマッチ)は脇を締めた状態で肘から先を蝶番(ちょうつがい)のように使います。ドリフターズのババンババンバンバンですね!これだけでも手のひらを下に向けて手を返す動作はありませんね。

そしたらババンババンをしている時、両手の間隔がセンターに来たら、その幅に胸の回転がついていくように努力してください。頭は動かさず首から下の回転です。ババンババンで両肘を左右に折りたたんでいたはずが、いつのまにか両腕が伸びて前へ習へしながら回転しているように感じるはず。

それを腰の高さまで下げていき、今度は両肘が両腰と向き合い(まるで両肘で両腰を挟んでいるような感覚)一緒に回転するとハーフスイングになります。この時、グリップエンドも引きつけて腰幅内でまーるく振ってやります。クラブのヒール側がボール位置から先20cmの円軌道上をこすっていけるとかなり良い動きですね!

お分かりの通り回転中、両手を返す動作は必要ないんです。もし返したら右肘が浮いて腰の回転とマッチしなくなります。一般にフェースが開いて右へ飛んでいっちゃう人は一生懸命手を返す動きを覚えちゃいますが、本当は体の回転ができないからなんです。

円軌道なのでインパクトを過ぎたら体の回転に沿ってフェースは勝手に閉じられるもの。「右へいっちゃうんだから手を返せ」は益々茨の道へ突き進むことになるから気をつけて下さい!

今からでも間に合います!さぁ、ボディターンスイング目指してがんばりましょう!