動画に見られるように、ともちゃん(初心者)に頭部を動かさないで背骨中心の回転を意識させて、両肩をアゴの下に入れるドリルをしてもらいました。

するとどうでしょう。確かに回転はスムーズですが、右肩があごの下に入っても体重が左足の上に乗り切れていません。どう見ても、右膝が前に突き出て左膝がピーンッと伸びて(ギッタンバッコン)左腰が引けています。でも、初心者に頭を動かさないようにと指示して体を回転させると、必ずこういう形になります。(ほぼ100%)

日本では「頭を動かさない(ボールから目を離さない)で、その場でクルッと回転する」というのは定説、いやスイングの生命線とまで言われ、何十年も語り継がれています。でも、これを続けてきた熱心なゴルファーが未だに右足に荷重が残った「明治の大砲」で悩まされているのが事実です。

初心者の方でも、ともちゃんのように右足股関節を切り上げて荷重することはできるんですが、左サイドの正しい動きが出来ない?!それは器用な右サイドをアクティブに使い過ぎ(トップからいきなり右腰を回しちゃうから)なんです。

動画で改善されているように、トップで内側に入ってきた左膝を切り返しの時に、一旦左足親指拇指球の上までシフトしてから、右肩をアゴの下に入れるように回転させると、スムーズに左足に荷重できます。やってみると分かりますよ!

多分、読者の中には「スイングなんて一瞬だからこんな動きできないよ!」なんて思っている方がいると思いますが、こんなこと本番で考えてやってたらできません。普段からこういったイメトレをして筋肉に記憶(マッスルメモリー)させることが大事なんです。勝手に出来るようになります。

感覚としては右肩がアゴの下を通過する際に、タイミング良く右の肩甲骨でアゴ(顔)を押し上げて飛んで行くボールを見る。そして、左足股関節の上に荷重全体が乗っていく感じです。ですから、これまでみたいにボールのあった場所を執拗に見続けてはいけないのです。欧米ではヘッドリリース(頭の開放)という言葉があるくらい、顔は自然に上がって左足の上でスーッと立ったフィニッシュをとります。アドレス時よりは頭1個分ぐらい左に動いていかないとそれはできませんよ!(背中がのけ反るのは怪我の元)

あと初心者は足の裏がめくれて軸がブレやすいので、両足土踏まずでエッジを効かせる癖をつけた方が良いと思います。(かと言ってX脚にするのではありません)両足外側でボール半分踏んづけて、両内股でビーチボールを挟んでいる感じです。そのままこのドリルを行えば地面反力(足裏で踏ん張ることで大地のパワーを借りて捻じって捻じり戻す感覚を養う)が利いてスムーズな回転と直線的な体重移動ができるようになります。(ともちゃんも右膝が前に出なくなって両膝のラインが揃うようになった)

おまけですが、ヒデくんがやっている左足片足になって、前傾を崩さないように胸のラインが目標を向いてバランスが取れるように練習して下さい。体幹がブレない太い軸を意識したトレーニングです。足首、股関節の硬い方に必見です!

関連している動画