ゴールドワン ゴルフスクール
http://www.goldonegolfschool.com.au/blog/

ともちゃんはまったくのゴルフ初心者で、今日初めてクラブを握りました。

まずは初素振りを見てみましょう!ヨッコラショと担ぎ上げたトップから振り下ろします。どうもインパクトではヘッドがボールに届いていない様子。気持ちよくフィニッシュまで振りきれているが、重心が高く、球があったら空振りかトップボールしか出ない感じです。グリップも見よう見まねで覚えましたが、なんとなく不安?

そんな不安を払拭出来ちゃうのが、サンドウェッジ(SW)でテニスボールをだるま落としするドリルです。グリップやアドレスなんて別に気にしなくてもいいです。バットを握るような10フィンガーグリップでも構いません。

パートナーと4~5m離れて向かい合います。ここで初心者が集中しなければいけないのは、SWのフェース面を上に向けたまま、テニスボールの下にだるま落としをするように低く滑り込ませる動作です。

手首をこねたりしてはいけません。自分から見てボールを中心に分度器が置いてあり、クラブヘッドがその軌道をトレースする(180度)ように低くまーるく振ります。その間にボールを気にせずに振ったら、たまたま当たったぐらい(通過点)と考えれば、上手く当たるようになります。

30分後、打球しました。高重心の立ちんぼアドレスを矯正。股関節から前傾します。後方から見て゛くの字゛になるよう、お尻は高い位置をキープして、膝頭が足の甲の真ん中に来るようにセットします。ポイントは右肘でクラブを吊って脇腹につけた状態から、重心を下げていきソールします。グリップ位置が膝上ぐらいで低重心のアドレスになります。

ヘッドをボールの下に潜り込ませるイメージは一緒です。構えた時のグリップの高さを変えないようにクラブをまーるく振って、゛フェースに乗せて運ぶように゛スイングします。フォローでヘッドが左肩より高くならないように、フェース面も自分の方を向くように気をつけます。

これだけで、30~40m真っすぐ飛ばせるようになりました。続く!

関連している動画