【初心者向けゴルフレッスン】
ゴルフ初心者のラウンドデビューまでの道 第3回 クラブの振り方・スイング編1「腕とクラブの同調」

スイングは大きく分けると、クラブを振り上げる「テークバック」、振り上げたクラブを振り下ろす「ダウンスイング」、クラブでボールを打つ瞬間の「インパクト」、インパクト後のクラブを振り抜く「フォロースルー」という流れとなります。 突き詰めていくと各パートで気をつけないといけないポイントが多々あるのですが、ここでは初心者の方が特に苦労する「腕とクラブの同調」に絞って解説いたします。
この点に気を付けるだけで、かなりの確率できれいにボールを打てるようになりますよ!

本レッスンでは基本的に7番アイアンを使用します。
なぜ7番アイアンで練習するのかというと、一般的にクラブは長くなれば当てるのが難しくなり短くなれば簡単になる傾向がある中で、最初の練習は中間の7番アイアンで練習を行うことでより長いクラブ、短いクラブに応用しやすいからです。

これまでにゴルフクラブを握ったことがない初心者でもボールが飛ばせるようになるためのポイントについて、ゴルフレッスンスタジオ「ゴルフテック」でコーチを務める堀さんによる解説と、実際にこれまでゴルフクラブを握ったことがない丸山(まるやま)さんの実演を交えてご紹介いたします。

レッスン内容はこちらでも公開中
http://www.golfdigest.co.jp/beginner/practice/load_swing.asp?alrt=yt_bgnv

関連している動画