無料メルマガ


期間限定プレゼントをお受け取りください。

どうも、ゴルフ侍トシです。

今回の動画では僕もゴルフを始めた当初苦戦した前傾角度をキープするために、切り返しから腰を回さないことの重要性をお伝えしています。

切り返しからいきなり腰を回すとだいたいの人が前傾が起きてしまいます。

だから、絶対に切り返しからいきなり腰を回さないことです。

そのためには、前回の動画でお伝えしましたが、切り返しから「おへそ」を後方へ引く動きからダウンスイングをスタートします。

すると、自然とバンプができますし、また前傾角度をキープすることができます。

これができるようになると、ゴルフが優しくなります。

実際にこれでダフリがなくなったという人もたくさんいます。
何でも変えるときは極端にやったほうがいいです。
だからスイングも同じように極端に変えた方がいい。
スイングのイメージを極端に変えること。

前傾が深まることによって、地面と顔が近くなりいますので、はじめはダフってしまいそうな気がしますが、ちゃんと左へ振っていくスペースが生まれますので、インパクトで詰まることがなくなり、気持ちよく振りぬいていくことができるようになります。

あなたが下半身の動きが今一つ分からないという場合は、今回お伝えしていますことをぜひ参考にしてみてください。

前傾角度をキープすることができたらスイングの再現性は高まりますよ。

関連している動画