『ゴルフステーション新宿』
http://www.golf-station.net/

みなさまこんにちは ゴルフステーション新宿の斎藤です。

今日はゴルフでも一番大事な、構え=アドレス についてお話します。

アドレスがきちんと取れていないと綺麗なスイングもできないので、この動画を参考に正しいアドレスを覚えてください。

アドレス=土台を作っていくことです。

目安は肩幅。
しっかり足を広げてまず土台を作っていきます。

ゴルフは前傾姿勢を作ることが大事です。

股関節から背筋を伸ばしたまましっかり折っていきますが、猫背になると腰に負担がかかるので注意。

この状態でひざを曲げてバランスをとります。

両腕は自分の肩口から真下に伸びる状態に。肩口より前にきたり内側にきてはダメ。

肩口から真下に下ろした状態で握ると綺麗な構えになります。

この構えが出来た時のポイントは重心の位置。

しっかり背筋を伸ばし前傾姿勢を作り、ひざを曲げて腕を伸ばした際に重心は親指の付け根=母指球にかかるようにします。

構えた時 つま先寄り=母指球に体重が乗るようにし、かかと寄りにならないように。

首、腰に負担がかかるので猫背にはしない。

背筋を伸ばし、足の付け根から折り、両膝を曲げてバランスを取り両腕は肩口からまっすぐ伸びたところで構えます。

体重がつま先寄りになっていると非常に綺麗な構えになります。

ぜひ、この構え(アドレス)を覚えてください。

-----------------------------

★ 新宿駅近のインドアゴルフスクール
『 ゴルフステーション新宿 』
http://www.golf-station.net/

★ ゴルフステーション新宿の体験レッスン

体験レッスンお申込みフォーム

★ ゴルフステーション新宿のスタジオ紹介動画
https://www.youtube.com/watch?v=FPs2cV0PtPo プレビュー

今回は、これからゴルフを始める初心者向けのアドレス(構え)の作り方の
レッスン動画になります。
アドレス(構え)の作り方は、非常に大切になってきます。
覚える時に間違ったアドレス(構え)の作り方をしてしまうと、
後から直すのは、中上級者の方でも大変なものになってしまいますので、
綺麗なアドレス(構え)の作り方をマスターして下さい。

★ ゴルフステーション新宿のゴルフブログ

スタッフブログ

★ ゴルフステーション新宿のゴルフイベント
http://www.golf-station.net/lessons

関連している動画