◇◆◇ 視聴者様へ「チャンネル登録」のお願い ◆◇◆
皆様の「チャンネル登録」や「コメントの登録」が、日々の動画をアップロードする励みになりますので、上の登録ボタンをクリックいただき、登録をよろしくお願いします m(_ _)m
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

********************************************************
動かせない障害物の中や上にボールがある時、または、スタンスやスイングを妨げる時の救済は、救済の二アレスト・ポイント(邪魔にならない場所)から 1クラブ・レングス以内にボールをドロップして 無罰でプレーをすることが許される。
このルールは大概の人が知っていますが、
ドロップは1クラブレングス以内!
落下地点から2クラブレングス以内であれば球は転がってもよい!
このツークラブレングス以内が忘れるのです、またはワンレングスと勘違いしてしまったりします
タイガーウッズですら、間違ったのですから、アマが忘れるのは無理もありません
このルールの怖い所は、誤った処置とかいい加減にやってしまった時は、ごしょからのプレーとなり
2打罰となることです。

2クラブレングス以上転がってしまった場合は、ドロップをもう一度やり直します。また同じように2クラブレングス以上転がってしまったときは、2回目のドロップで球が落下した地点に球を置くことが出来ます。
たいていの人は、簡単にドロップしますが、上級者や試合などでは、よく考えてからドロップしています、傾斜地で2回のドロップがツークラブレングスを超えるとわかっているときなどは、三回目はプレースとなりますので、いいライに置くことができるわけです。

なので、ドロップエリアが傾斜のときは落とす場所を考えてドロップしなければならないのです。球を置いたときになるべく球が打ちやすいところを狙って落とすこと!救済で球をドロップ出来ることは、プレーの途中の些細な出来事で、ゴルファーの皆さんは球を打つことがゴルフなのだということを忘れてはいけません。ライがいいところ、少しでもいい条件で次打が打てるように、救済でドロップ出来るときも気を抜かずにルールを有効に使えるように頭を使ってドロップしてください。

********************************************************
引用先:ゴルフ「80を切る!」日記
神ベン・ホーガン(Ben Hogan)ゴルフスイングの真髄!永久保存の貴重映像
https://youtu.be/PQ3ggZAqZJw

レッスン70台で回る。欧米式

本当は教えたくないアプローチ技!

アイアン長いゾーンアタックドリル ハンドファーストが必須 欧米式上級編

ゴルフ何を振っても真っ直ぐ飛ぶ?!XでもLでも関係ないドライバーショット【WGSL】WGSLレッスンgolfドライバードラコンアイアンアプローチパター

【ゴルフの裏ワザ】70台で回る人のパターン

【ゴール裏ワザ】アメリカのプロがすすめている上級者が必ず行っていることとは

ゴルフの裏ワザ】軽く打って飛ぶショットとは… PGA Qスクールニュースから

【ゴルフの裏ワザ】拳を下に向けよ ベンホーガンの教え  Golf Digest

【ゴルフ裏ワザ】カナダのインストラクターが明かす プロしか知らない飛ばす秘密
https://youtu.be/JUXqt9PCIHA