◇◆◇ 視聴者様へ「チャンネル登録」のお願い ◆◇◆
皆様の「チャンネル登録」や「コメントの登録」が、日々の動画をアップロードする励みになりますので、上の登録ボタンをクリックいただき、登録をよろしくお願いします m(_ _)m
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

********************************************************
絶対に必要なのが下半身のスイングのリード、そして、上半身の回転が少し遅れる形で、インパクトの時に 肩がターゲット・ラインに対してほぼ平行になる形である。@

それが出来れば、右肩がインパクトで下がる割合は比較的小さくなり、右肩の付け根からボールまでの距離はより一定になり、 適度にダウン・ブローで 、 ボールをソリッドに打てるゾーンが長いスイング軌道、即ち、ダフり難い打ち方が出来るのである。@

ダフりやすい打ち方の一つに、 フォワード・スイングで 右肩が早く突っ込む アウトサイド・インのスイング・プレーンで ボールを打っていることも多くみられる。@

一方、下半身がスイングをリードする形で、肩の回転を少し遅らせて タメを作り @右肩がなるべく インサイドから レベルにゆっくり回転し、ボールを打つ直前から大きく@ 右から左に動くと、 ボールを ソリッドに打てるゾーンは広くなる。そして、ハンド・ファーストの形が出来上がる様子、さらに、大きなフォロースルーに注目する@

また、ダフリには多くの場合、ボールをすくい上げようとする体や腕の動きが原因になっているものだ。チップ・ショットでもアイアンのフル・スイングでも、ボールを右手ですくい上げようとすれば、ハンド・ファーストの形を作ることは出来ず、ダフりかトップになる可能性が極めて高くなるだろう。

ボールをすくい上げようとするのではなく、肩をレベルに回転させながら腕をゆっくりダウン・ブローに振って、クラブのロフトでボールを上げるイメージを常に持つようにすると良いだろう。@

ボールを アイアンのフェースの芯で捕らえるためには
ボール位置と胸骨をそろえるように構える、そしてダフリそうなとき、緊急で行える構えは、ボールの真上にアイアンの歯をセットしてから、バックスイングに入る。

********************************************************
引用先:ゴルフ「80を切る!」日記
神ベン・ホーガン(Ben Hogan)ゴルフスイングの真髄!永久保存の貴重映像
https://youtu.be/PQ3ggZAqZJw

レッスン70台で回る。欧米式

本当は教えたくないアプローチ技!

アイアン長いゾーンアタックドリル ハンドファーストが必須 欧米式上級編

ゴルフ何を振っても真っ直ぐ飛ぶ?!XでもLでも関係ないドライバーショット【WGSL】WGSLレッスンgolfドライバードラコンアイアンアプローチパター

【ゴルフの裏ワザ】70台で回る人のパターン

【ゴール裏ワザ】アメリカのプロがすすめている上級者が必ず行っていることとは

ゴルフの裏ワザ】軽く打って飛ぶショットとは… PGA Qスクールニュースから

【ゴルフの裏ワザ】拳を下に向けよ ベンホーガンの教え  Golf Digest

【ゴルフ裏ワザ】カナダのインストラクターが明かす プロしか知らない飛ばす秘密
https://youtu.be/JUXqt9PCIHA