◇◆◇ 視聴者様へ「チャンネル登録」のお願い ◆◇◆
【ゴルフの裏ワザ】 http://goo.gl/B5veJ2
皆様の「チャンネル登録」や「コメントの登録」が、日々の動画をアップロードする励みになりますので、上のRL又は登録ボタンをクリックいただき、登録をよろしくお願いします m(_ _)m
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

********************************************************
ダウンブローはゴルフで最も大切なスイングの方法です
これがマスターできれば、ゴルフはどんどん上手になります

ショットでボールを 高く上げるために、我々は本能的に クラブでボールをすくい上げようとするものだが、それがボールに対して、クラブを打ち下ろす、即ち、ダウンブローにクラブを振ることを妨げている。その結果、ボールを芯で捉えることは非常に難しくなるのだ。

ダウンブローなスイングとは、ボールを 直接打った後にクラブを リーリースする、タメの利いた打ち方で、フォワード・スイングでは 常に 手がクラブをリードするように体を回転させ、腕をゆっくり落とす スイングである。

そして、スイングの最下点がボールの 5 – 10 センチくらい先に来る打ち方で、ボールの先のターフを(薄く、長く)取るイメージのスイングです。

そんなダウンブローに クラブを振れれば 、多少 ダフり気味 になっても、また、トップ気味 になっても ボールを ソリッドに打つことが出来る理屈である。

一方、払い打ちは 、スイングの最下点がボールの真下に来るイメージのショットで、
ダフりやトップの ショットになる可能性が高い

ヒット・ダウンしているにも拘らず、ボールはアップ、つまり、高弾道なボールになる。逆に、払い打ちの場合はフェースの下のリーディング・エッジに近い 部分 で、打つ可能性が高いから、ボールが上がらないショットが多くなる。

上から叩くと良く言うが、その程度については 十分に研究して欲しい。

緩やかなダウンブローで スイングの最下点が なるべくボールの先(出来れば、10 センチ程度)になるように練習する。そんな打ち方が出来れば、洋芝のフェアウェイでのアイアン・ショットでは 薄くて長いターフが取れるはずだ。

********************************************************
引用先:ゴルフ「80を切る!」日記
【ゴルフの裏ワザ】70台で回る人のパターン

【ゴール裏ワザ】アメリカのプロがすすめている上級者が必ず行っていることとは

ゴルフの裏ワザ】軽く打って飛ぶショットとは… PGA Qスクールニュースから

スローなスイングで動作改善(まとめ)

中級者必見!アイアンが上手くなる!飛距離アップするインパクトについて

【ゴルフの裏ワザ】寄せが急にやさしくなりました、短い寄せではシャフトを握れ

【ゴルフの裏ワザ】うまいゴルファーは腕があごの下を通過する

【ゴルフの裏ワザ】拳を下に向けよ ベンホーガンの教え  Golf Digest

【ゴルフの裏ワザ】「アドレスで手を前に突き出すな」トム・ワトソン

【ゴルフ裏ワザ】カナダのインストラクターが明かす プロしか知らない飛ばす秘密
https://youtu.be/JUXqt9PCIHA アイアン長いゾーンアタックドリル ハンドファーストが必須 欧米式上級編

ゴルフ何を振っても真っ直ぐ飛ぶ?!XでもLでも関係ないドライバーショット【WGSL】WGSLレッスンgolfドライバードラコンアイアンアプローチパター
https://youtu.be/EeGKEcCdf9s