新宿少人数グループレッスン初回1レッスン50分3000円(税別)
http://ryunangolf.com/

動画が書籍になりました。(DVD付き)
http://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/4575309443/ref=tmm_other_meta_binding_new_olp_sr?ie=UTF8&condition=new&qid=1442052195&sr=8-1

【ゴルフレッスン】初心者はまず構え(アドレス)をマスターすべし
あけましておめでとうございます。坂本です。

本日は構え(アドレス)についてです。

ゴルフクラブの基本的な役割は
地面の近くにあるボールを正確に且つ遠くに飛ばすために作られています。

飛ばさない場合ももちろんありますが、
地面から打ってボールをコントロールするためにできています。

そのため、このゴルフクラブの性能を使い切るために
しっかりとした構えが必要になります。

構えは2箇所を曲げます。

腰と膝です。

この2つを、曲げる時に大切なのが
前後のバランスです。

まずゴルフには前傾と言ってゴルフクラブを地面に置いて構えるので
多かれ少なかれ、上半身が前かがみになった状態でクラブを持ちます。

この時にまず曲げるのが腰です。腰というよりは足の付け根あたりから、
曲げていく感覚かもしれません。

この時注意したいのが、お腹と背中の筋肉の前後のバランスです。
頭から腰のあたりまで一本の線をイメージして、上半身を倒していきますが、

腰が曲がって丸まった状態で構えたり、
逆に背中に力が入り過ぎてしまって腰が反って構えてしまう人が
いますので、お腹と背中両方に均等に力がかかるようなイメージで
上半身を真っ直ぐのまま身体を倒します。

次に膝の曲げます。
膝は曲げれば曲げるほど、前ももが伸ばせば伸ばすほど裏ももにはりがでます。
こちらも前後のバランスを意識して、構えるようにしてみてください。

ゴルフ場には練習場と違って、傾斜があって地面が平らではありません。
そんな時に膝の曲げる度合いで傾斜に対応していきますので、

曲げすぎ、伸ばしすぎにならないように普段は心がけたいですね。

以上2つの曲げるポイントチェックしてみてくださいね。

100切りゴルファー養成講座7日間ゴルフレッスン動画無料メールセミナー
http://golfoo.sakura.ne.jp/ahy06843/

チャンネル登録、評価、コメントお願いいたします。^^
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=golfnsp 新宿御苑ゴルフスタジオでレッスンしています。
http://ameblo.jp/golfnsp/entry-12256610501.html

関連している動画